大腸に問題がないか墨田区の内視鏡検査を予約する

subpage1

墨田区で内視鏡検査を受けることができるクリニックで、大腸検査を受けたいとき初診ですぐに検査が行われることはありません。
大腸を調べるためには、検査の前日から下剤を使って腸内に溜まっているものをすべて出してから行う必要があるからです。



小さなポリープなどを見落とさないようにするためにも、検査を安全で衛生的に進めるためにも重要ですから、最初にクリニックに出向いたら、大腸検査を受けたい旨を伝えて、検査日の予約をとります。



検査前日は、早めに食事を済ませて指定されている時間に下剤を服用する必要があります。

食事の内容は消化が速いものが適していますが、早い時間帯に夕食を済ませることができるなら、それほど気にする必要はありません。


お酒は厳禁で、喫煙もしない方が良いです。当日も指示を受けたとおりに下剤を飲んで、検査に備えます。クリニックでは検査着に着替えるなどの準備もあるので、少し早めにクリニックに出向きましょう。



墨田区で内視鏡検査を行い大腸を診てもらうときには、痛みの軽減に鎮痛剤を使う方法と、無送気軸保持短縮法による空気を入れずに検査できる方法を実施しているクリニックがあるので、痛みが苦手な人は相談しておきましょう。
大腸検査の時間は、一般的に15分程度で終わります。

小さなポリープがあればその場で切除することが多いので、多少時間がかかる場合があって、ポリープは念のため生検が行われ、がんの可能性がないか調べることがあります。検査が終わっても鎮痛剤を使った人は、しばらくクリニックで休憩してからの帰宅です。
ポリープを切除した人は、その後の食事の仕方に注意が必要です。


出血がなければ問題ありませんが、痛みなどもあるときには墨田区の内視鏡を受けたクリニックに相談しましょう。